前へ
次へ

大学入試の勉強は時間と質の高さも考えて行う

大学入試に必要となる勉強時間を考えた時、とにかく長い時間をかければ良い印象があります。
ふたを開けてみると長時間休みなく勉強をすると、集中ができる時と出来ない時があるため、効率的とも言えません。
だらだらと時間だけにこだわった1日に10時間机に向かうよりも、集中をして5時間勉強をしたほうがはるかに効率的です。
入試に向けての勉強時間の確保は必要ですが、加えて集中力という勉強の質の高さもないがしろにはできません。
大学入試までの期間にできるだけ勉強に集中をしたくて、食事に工夫をした経験があります。
食べることが大好きで、白米も菓子パンもお菓子も好き、だから食事もおやつもお腹いっぱい食べていました。
でも勉強を始めると眠くなってしまい、これはいけないと砂糖と小麦をやめて、腹八分目の食事にしたところ集中力が上がった経験があります。
休みの日はデトックスを心掛けて、野菜ジュースと水で過ごすこともありましたが、軽いファスティングをすると、さらに記憶力まで上がったのには驚きました。

家庭教師 大阪
府内全域対応していますので、どこへでもお伺いします

一人ひとりにこだわる最高品質の授業

最適化された授業で1人一人の目標に合わせて指導しています

東京 個別指導 予備校

受験生たちは大学入試に向けての勉強を、自宅の部屋や塾の自習室以外、どこでやっているのか気になるかもしれません。
意外と勉強するのによい場所はファミレスであり、ドリンクや食べ物も安くて店内は常に明るく清潔で、誰でも利用できるのも良い点です。
カフェを利用する人もとても多く、静かなカフェがいくつもあるので、勉強をするにしても集中することができます。
受験前は真冬真っただ中ですから、自宅のこたつで勉強をするのも悪くはありません。
美容クリニックの40代に突入をした男性医師が、いまだに大学入試時期の夢を見てうなされるといいます。
国内でも難関の東大医学部へ現役合格をした人であり、夢でうなされるほど、当時はきつかったんだと思いますという感想です。
勉強がハードでアトピーがひどくなり、眉毛も薄くなってしまい、医者になったら皮膚科医になって肌をキレイにすると決めて、今では美容クリニックの医者になっていますが、当時大変だったけれども勉強を頑張ってよかったと言います。

Page Top